万年負け組!禁パチ先生

ギャンブル依存に苦しむ人々と一緒に明日を生きるためのブログ

なぜギャンブルに依存するのか

 

 

こんばんは。

 

今日は大分に行きました。

別府湾SAが大好きなんですが、めちゃくちゃ霧がかかってました。

濃霧。

長崎に行く時は大村湾、大分は別府湾。

そう決めていますがこんなにも何も見えないのは初めてで少し残念です。

 

 

 

 

さて

 

今日はなぜギャンブル依存に陥るのかというテーマです。

私個人の見解100%で分析したいと思います。

 

そもそもなぜパチンコに行くのか。

 

人によっては賭博のアウトローな感じが少しカッコよく見えたり、単純に暇だから行ってたり様々思い当たる節はあると思います。

勝った負けたをしていると興奮してもう一回行ってみようとなります。

 

そしていずれ陥る。

ギャンブル依存に。

 

ギャンブルで勝つと頭がアヘアヘなります。

この時に脳内に麻薬物質が分泌されているのだと思います。

私はそれをアヘアヘンと呼んでいます。

 

この物質はGOGOランプが光ったりキュイン音がなったりすると脳にドバドバ流れ込んできます。

そして人間の精神を蝕み、アヘアヘンなくしては行きていけない体に仕上げてしまいます。

 

そうなると後はお金をなんとか工面して、友人や消費者金融に手を出してでもパチンコ屋に行ってしまいます。

 

私が学生時代にバイトをしていたバーの店長はレジのお金で打ちに行ってました。

負けたらなんとかお金をかき集めてレジに戻していました。

この人の例は「パチンコ」と「レジの金を使う」という二重ギャンブルのレベルの高い例ですが、実際これくらい蝕まれた方も少なくないのかもしれません。

 

パチンコ依存で問題になるのはお金ですが、お金が原因でパチンコ依存になるというわけではないのです。

 

パチンコにはまっている人はお金が好きな人が多いですが、その実パチンコで増えるようなことは決してありません。

実はただアヘアヘンを脳が求めているだけなのです。

 そして本当にお金が好きな人は確実に減ることがわかっているパチンコなんかに行くことはありません。

本当にお金が好きな人はアルバイトや、パチンコよりももっと堅実な投資活動などを行うでしょう。

 

つまりギャンブル依存から脱するには、原因であるアヘアヘンへの依存体質を改善する他ありません。

そしてその体質改善の方法は、決して緩やかな道ではないでしょう。

全てはパチンコに出会った大学1年生の時に始まった。

あの時のことを後悔しても遅いので、10年後に後悔しないように今からしっかり生きていきましょう。

そして現役大学生は私が10年後のあなたです。

今から楽しい未来に向かって歩き出しましょう!

 

 

 

 

f:id:yyaman:20180626210844j:plain

 

 

とは言えやっぱりこれは出るよね(笑)

アヘアヘンが(笑)

 

 

 

以前撮ったものですが。

これを見ても打ちてー!って思わなくなったらもう大丈夫です。

それを目指します。

 

今日はここまで。

おやすみなさい。